髪の悩み相談室

妊娠と抜け毛の関連性

私の友達は、妊娠した途端に抜け毛に悩まされました。

 

会ってみて、正直私でもハッキリと友達の髪が薄くなっている事が確認できました。

 

妊娠中は女性ホルモンが活発になり、毛髪の成長サイクルが乱れて抜け毛までの期間が短くなってしまうケースがある様です。

 

他にも、お腹の赤ちゃんに栄養を吸収され易くなっているために髪の毛まで栄養が届ききらなくなり、髪が細くなったり酷く傷んだり、抜け毛に発展してしまう事もある様です。

 

 

爪が割れやすくなる人もいて、同じ事が言えます。逆にホルモンバランスの影響で髪の毛が濃くなる妊婦さんもいるとの事で、こればかりは個人個人違いがある様です。

 

私は体毛が濃くなりましたが、毛髪に影響はありませんでした。私の友達は出産を経て今は抜け毛も治まり、普通の生活を送っています。それでも過去の抜け毛体験を思い出すと、ぞっとすると言っていますね。

 

 

今でも毛髪には注意しているみたいで、ビタミンやミネラルを豊富に含む海藻類、豆腐・きな粉・納豆などの植物性タンパク質は積極的に摂取しているそうです。

 

 

シャンプーも妊娠中からアミノ酸系にチェンジして、頭皮を労わっているとの事。今でもそのままアミノ酸系シャンプーを使い続けているそうです。値段が高いのがネックらしいですが、今更安いシャンプーに変えるのも怖くてそのまま続行していると言っていました。

 

 

私自身抜け毛には悩んでいないのですが、妊娠中と打って変わって生き生きした髪の毛の友達を見ていると、私もシャンプーを変更してみようかな〜なんて思います。

 

⇒ 抜け毛が気になる方にお勧めのシャンプー

 

頭皮に悪い時期っていつ?

抜け毛や薄毛が気になって数年。また今年も頭皮にとって嫌な時期が来ました。

 

冬は頭皮にダメージがかかり易いんですよね。

 

冬は湿度が低くて乾燥しやすく、それに加えて暖房も使用するからより頭皮から水分が奪われてしまい、頭皮だけでなく髪の毛にも影響してしまうんですよね。

 

 

また、寒いと血管が細くなって血行が悪くなっちゃうんですよね、手足の血行だけではなく、もちろん頭皮の血行も悪くなるんです。

 

 

血行が悪くなると髪の毛に栄養を送ることが減ってしまうので、髪の毛の成長に影響して抜け毛や髪の毛が細くなるなどに繋がってしまうんですよね。冬は気温が低く、また乾燥していることから頭皮の皮脂の分泌が夏よりも少なくなっています。

 

 

それに加えて冬は熱いシャワーを利用するためか皮脂がより奪われやすくなっているんです。皮脂が少ないと頭皮を乾燥から守ってくれることができなくなってしまうので、これも薄毛の原因となってしまうんです。

 

 

頭皮にとってはこれからの時期はとても重要となります。親も親戚もほとんどが薄毛となっている一族ですので、私もいつかは髪の毛が少なくなってしまうのだと思っていましたが、今はまだ早いです。

 

 

少しでも対策をして、髪の毛が薄くなることを予防しておきたいです。とりあえず、シャワーの温度を低くし、髪の毛を洗う時もマッサージをするなどして、少しでも頭皮によい環境を作り、薄毛を予防しようと画策しています。

 

 

頭皮は畑と一緒らしいので、しっかりと髪の毛をはやすためには土台が重要ですね。まずは頭皮のケアを継続していこうと思います。

 

⇒ 頭皮ケアを考えるシャンプー